FC2ブログ

桜蘭高校ホスト部

ここでは、「桜蘭高校ホスト部」 に関する記事を紹介しています。
サイトリニューアルのお知らせ
当サイトをご利用いただきありがとうございます。
この度、無料アニメ動画.comはリニューアル致しました。

新サイトはこちら→無料アニメ動画

尚、これまでご紹介してきた動画はそのまま見れますのでご安心ください。
これからも当サイトをよろしくお願いいたします。

よければアニメ投票ランキングにご参加くださいませ→アニメ投票ランキング

東京都文京区。超お金持ち私立学校である「桜蘭学院高等部」の特待生・藤岡ハルヒは、ある日勉強ができる静かな場所を求めて南校舎の最上階・北側廊下つきあたりの第三音楽室へと迷い込む。

そこには「暇をもて余す美少年が、同じく暇をもて余す女生徒をもてなし潤す」をモットーとした男だけのメンバーからなる【ホスト部】という集団が営業していた。

ハルヒは不注意によりホスト部が校内オークションで売る予定だった800万円の花瓶を割ってしまい、弁償として代金分を完済するまでホスト部の雑用をさせられる破目になる。

その後メガネを外したときの容姿の良さが認められ接客をすることになり、800万円の代わりに100人指名客を集めるノルマ(その後問題を起こし追加ノルマ1,000人)が課せられることになるが、部内唯一の「女」であるハルヒとそれを知った部長の環らホスト部の面々との関係は、様々な出来事を経て次第に変化していくのだった。


≪桜蘭高校ホスト部を見る≫
スポンサーサイト



桜蘭高校ホスト部』(おうらんこうこうホストクラブ)とは、葉鳥ビスコが『LaLa』(白泉社)で2002年9月号から連載中の漫画作品、および漫画を原作としたアニメ作品です。

2007年4月現在、単行本は10巻まで刊行され、また世界各国でも発売されている。テレビアニメは、2006年4月から9月にかけて日本テレビ系にて放送された。単行本の累計発行部数は650万部を超える。

また、2007年4月19日にアイディアファクトリーよりゲーム版が発売された。
『藤岡 ハルヒ(ふじおか ハルヒ)』

通称ハルヒ・ハルヒ君、光邦のみハルちゃんと呼ぶ。
主人公の高校1年生。身長155cm。O型。Aカップ。2月4日生まれ。得意科目は、古典と英語。
好きな食べ物は寿司、ラーメン、苺、カルピス、スイカ。嫌いな食べ物は甘いもの、辛いもの(一部例外)。
大トロに憧れているが未だ食べた事がない。天然系。
一般的な庶民家庭の生まれだが、成績優秀なため特待生として桜蘭高校に入学。
特待生の条件でもあることから、成績は常に学年首席(ただし一度ケアレスミスから3番になり、追試を受けたことがある)。
実は女の子なのだが、偶発的な事故からホスト部保有の800万のルネの花瓶を割ってしまい、弁償のためにホスト部に入部することとなった。
校内の周囲の人間には男子生徒として通しているが、自宅アパートの近所の住人や中学時代の同級生はハルヒが女の子と知っている。
ちなみに、スポーツブラでごまかせてしまうほどの貧乳である(Aカップ)。
父親がニューハーフなこともあってか、性別や容姿に関して無頓着である。時折少女らしい一面をみせるが基本的にはドライな性格で、かなりの毒舌。
また、ホスト部において唯一の敬語&天然キャラで他の部員同様人気を博している。
一人称は「自分」(一時期「俺」だった)。



『須王 環(すおう たまき)』

通称キング・環・環先輩・環様、双子だけは殿、光邦のみタマちゃんと呼ぶ。
初登場のれんげに「ニセ王(キング)」と言われたことがある。ホスト部部長の2年生。身長183cm。A型。4月8日生まれ。得意科目は、英語、フランス語、世界史。
好きな食べ物は庶民ラーメン、庶民菓子(ベビースターラーメン)。王子系。
よく語尾に「~にゃ」をつける。ややナル、ややおバカ。生まれてこのかた病気をしたことがないのが自慢だが、一度風邪を引いて倒れ、多くの生徒に多大なる衝撃を与えた。
七名家と謳われる須王家の子息。フランス人の母を持つハーフ。桜蘭高校の理事長子息でもある。
元々は妾の子であり、母親と共にフランスで暮らしていたが、跡取りがいないことを憂いた須王の会長(環の祖母)によって日本に呼ばれた。現在母は行方不明(アニメの設定では、エクレールの家政婦をしているらしい)。
ホスト部を作った張本人で、女性を喜ばす天才と呼ばれている。指名率7割。
少々お馬鹿な面もあるが、部員にはそれなりに(馬鹿にされつつも)慕われている。
鏡夜や双子にいじられたり、ハルヒに身も蓋もないツッコミを入れられてはいじける姿がちょくちょく登場するが、基本的にはどんな苦境や苦難をも自分のエネルギーへと変えてしまう超ポジティブ思考。
一方落ち込む時は子供のようにいじける。ハルヒが女の子ということに部員の中で最後に気づいた。



『鳳 鏡夜(おおとり きょうや)』

通称鏡夜・鏡夜先輩、光邦のみ鏡ちゃんと呼ぶ。副部長兼店長の2年生。2-Aの委員長。眼鏡を掛けた青年。身長181cm。AB型。
11月22日生まれ。得意科目は英語、ドイツ語、物理。好きな食べ物は辛いもの。
嫌いな食べ物は甘いもの。クール系。聞かれないと話さないタイプなので、後々突っ込まれる事が多い。
部の実権を握る影の部長(ハルヒは影のキングと評する)。営業中も帳簿をつけているため接待はあまりしない。自称エゴイスト(ハルヒはそうではないと言う)。
少々腹黒い面もあり環から「はんにゃ1号」と呼ばれたこともある。自分や部の有益のためなら部員の私物をオークションにかけたり、ブロマイドを販売したり、媚を売ったり、他人を利用したりと何でもする。
逆にメリットのないことに関しては全く無関心、他人に対しては徹底的に無愛想になる。
しかし、デパートで詐欺に会いそうになったお婆さんを助けるなど人の心は持ち合わせている。
学園生徒の情報は一通り把握しており、様々な裏情報にも詳しい。低血圧で寝起きが悪く、無理やり起こそうものなら凄まじい形相(魔王の目)で睨まれる。
その時の顔は「低血圧魔王様」とまで呼ばれる程怖い。
環の脳内設定では環がお父さん、鏡夜がお母さん、ハルヒが娘、双子が息子となっているため、環や双子からは「お母さん」「母さん」と呼ばれることも。



『常陸院 光(ひたちいん ひかる)』

通称光・光君、光邦のみヒカちゃんと呼ぶ。1年生。身長178cm。B型。6月9日生まれ。双子の兄。小悪魔系。禁断の双子愛を売りにしており、ボーイズラブ状態のときは攻めが多い。
馨とは、普通の人には前髪の分かれ方ぐらい(右わけ・光、左わけ・馨)でしか区別がつかないほどそっくり(ハルヒと実父のみ判別可能)。
美形&双子のボーイズラブ&シンメトリーという設定で客の人気を得ている。実際、馨とは起きてる時も寝る時も常に一緒で、2人のシンクロ率はとても高いと同時に、依存性も高い。
ハルヒ曰く、1人だと非常識。馨より光のほうが一割増し口が悪い。軽井沢では馨にまでアホ呼ばわりされた。
嫉妬心が強く、自分の物(及びそう思っている物)を他人に盗られるとあからさまに激昂する。1学期の中間テストでは5位。
余談だが、常陸院家のメイドも何故か双子の姉妹である(今のところアニメでしか登場していない)実家も左右対称。
一人称は“僕”だが、たまに“俺”になる。



『常陸院 馨(ひたちいん かおる)』

通称馨・馨君、光邦のみカオちゃんと呼ぶ。1年生。誕生日(星座)・身長・血液型共に光と同じ。双子の弟。
小悪魔系。ボーイズラブ状態のときは受身が多く、光に攻められるといつも涙を浮かべているが、実は目薬を愛用している(環は素で泣ける)。
光とは、普通の人には前髪の分かれ方ぐらい(右わけ・光、左わけ・馨)でしか区別がつかないほどそっくり(ハルヒと実父のみ判別可能)。
光と2人しておふざけをしては環によく怒られているが、環が2人に遊ばれているというのが実状(ハルヒが来てからはハルヒを使って環をおちょくっている)。
どちらかというと、考え方は馨の方が若干大人で内向的。ハルヒ曰く、1人だと比較的常識的でまとも。
一人でいれば、ホスト部内の一番常識人だといえる(他が非常識だから)。
1学期の中間テストでは光より上の4位。



『埴之塚 光邦(はにのづか みつくに)』

通称ハニー先輩・ハニー君、崇とチカのみ光邦。3年生。身長148cm。AB型。2月29日生まれ。
好きな食べ物はケーキ、苺、辛いもの。嫌いな食べ物はにんじん。ロリショタ系。ラブリーアイテム・マスコット的存在。
高校3年にはとても見えない幼い容姿と言動で人気を得ているが、天然なのか計算なのか未だに謎。時折、彼の裏性格といえる「ブラックハニー」が垣間見えることもあり、環や双子から恐れられている。
校内ではホスト部入部以前から光邦のファンクラブも設立されている。亡き祖母が作ったうさぎのぬいぐるみ「うさちゃん」とはいつも一緒。
基本的に早起きだが、寝起きは鏡夜と同じくらい悪い。
その時の目つきは「怪獣の目」と表現されるほど。甘いものが大好物で、家で週に1回「スペシャルケーキナイト」をやっていたが、それを反対する弟との勝負に勝ち、週3回に増えた。
元は可愛いもの好きも甘いもの好きも程々だったが、一時期全て断ち切ったことがあり、我慢とストレスが頂点まで溜まったとき、環の一言によって人並みをはずれてしまった。崇とは従兄弟関係にある。
定位置は崇の肩の上で、飛びついて乗るのが光邦流。



『銛之塚 崇(もりのづか たかし)』

通称モリ先輩・モリ君、光邦のみ崇と呼ぶ。3年生。身長192cm。O型。5月5日生まれ。ワイルド系。
寡黙で大柄。
長年銛之塚家は埴之塚家の家臣であったが、2代前の婚姻で親戚となった。しかし、「血」の本能からか、従兄である光邦に常に付き従う。ホスト部へも光邦の付き添い的役割で入部した。
その寡黙さ、目つきから恐い印象を受けるが、光邦といることで中和されている。その点ではハルヒとも一緒にいると同じ効果を発揮する。内面は優しい性格で言葉よりも行動で自己表現する。
その為ホスト部の中では本気のファンが多い。常に冷静で動揺することが無いように思われるが、光邦と離れ離れになったり嫌われると、あからさまに動揺する。
しかし、光邦に対してはいわゆるボーイズラブな感情は無い。光邦で慣れているのか力仕事が非常に上手い。眠いときはとてつもなく軽薄、饒舌な台詞を吐くという習性を持つ。
ホスト部と剣道部の掛け持ちをしている。中等部の頃に剣道で全国制覇の経験あり。